『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

音楽 と 数学

      2015/05/29

インベンション

 高校生の A さんは、3声シンフォニーに備えて、
2声インベンションを課題に取り組んでいます。
ツェルニー30番以上を軽快なタッチでパリッと弾きこなし、楽典的な部分もしっかりと理解し、
指もよく動き、安心して聴いていられる演奏力ですが、ポリフォニー音楽に少々苦戦中です。

 ポリフォニー(対位法)とは・・ 

 旋律に対して伴奏という風に、二分して互を担当した曲ではなく、
分かりやすくいえば、『かえるの合唱 ♪』 や 『静かな湖畔 ♪』 のような輪唱を思い浮かべると
イメージが捉えやすいですね。
メロディーが複数絡み合って並行して動いたり反進行して動いたり、
まるで『図形』のような音楽。
対して旋律と伴奏はホモフォニー。
ツェルニー 30番のように機械的で 『計算式』 のような音楽を
ある程度楽曲分析をし(計算ミスをしないように気を付けて)弾きこなせるように練習するのと、
絡み合ったメロディーを考えながら演奏するのとは、勝手が違うようで、
すっかり数学の『図形問題』 のようです。これが 3声、4声とスキルアップの予告を聞いて
『・・・・』 と表情が少し固まりながらも不思議な音の世界に興味の芽が出てきています ♪

対位法の美しさ

 ポリフォニー音楽の美しさは、旋律が入り組んでいる分奥が深く、
荘厳的な重厚感ある楽曲になりますね。
フーガの巨匠、ヨハン・セバスチャン・バッハの音楽は、対位法の入口に立つ者にとって、
少し敷居が高いようですが、課題曲をにらめっこするように取り組むのではなく、
先ずは何度も聴く事からスタートしてみると良いですね。
目を閉じて何度も聴く。 そして楽譜を追って何度も聴く。

その良さを感じるのは、年齢に比例するとか。

A ちゃん

 - ピアノレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

十六分音符を弾くこと ♬

16分音符とは? ♬  四分音符 [ ♩ ] を一拍の長さにした場合、16分音符 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンで気を付けたいこと < ピアノ練習 具体例 >

練習嫌いにさせない為に  < 快適なピアノ練習方法を見つけてあげたい ♪ > 1 …

本とカップ
調性の不思議 ♪ <その 1 / 哀しく聞こえる長調?>

ピアノ発表会の選曲  発表会で演奏する曲は、ある程度キャリアを積まれた生徒さんに …

楽譜は大切にしましよう ♪

ピアノ ピース Piano Piece  楽譜も日々進化して、カラフルなものから …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
大人の生徒さんが上達できる理由 ♪

大人がピアノを習う目的 ♪  大人の生徒さんも 子どもの生徒ちゃんも皆さんピアノ …

ピアノコンサート 3歳
親の愛情 と ピアノレッスン

教室コンサート ♪  出演者・ゲスト・スタッフが三位一体となって作り上げる教室コ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
7歳、ピアノがグンと上手くなるポイント ♪

「 ピアノを弾いている !! 」 という実感  新年を迎えて教室ではピアノ発表会 …

ピアノ発表会 (リハーサル)
教室コンサート(ピアノ発表会)に出演して得られること♪

 有意義な感想  教室コンサートが終了すると、出演者は「 楽しかった! 」「 ド …

モーツァルト
♪長調 と 短調

梅雨明けですね  梅雨入り前は、今年の夏は、冷夏だと耳にしましたが、果てさていか …

年賀状
規則正しいレッスンリズムが好ましい理由 ♪

いい笑顔のピアノ初レッスン (^^♪  「 明けまして おめでとうございます ! …