『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

音楽 と 数学

      2015/05/29

インベンション

 高校生の A さんは、3声シンフォニーに備えて、
2声インベンションを課題に取り組んでいます。
ツェルニー30番以上を軽快なタッチでパリッと弾きこなし、楽典的な部分もしっかりと理解し、
指もよく動き、安心して聴いていられる演奏力ですが、ポリフォニー音楽に少々苦戦中です。

 ポリフォニー(対位法)とは・・ 

 旋律に対して伴奏という風に、二分して互を担当した曲ではなく、
分かりやすくいえば、『かえるの合唱 ♪』 や 『静かな湖畔 ♪』 のような輪唱を思い浮かべると
イメージが捉えやすいですね。
メロディーが複数絡み合って並行して動いたり反進行して動いたり、
まるで『図形』のような音楽。
対して旋律と伴奏はホモフォニー。
ツェルニー 30番のように機械的で 『計算式』 のような音楽を
ある程度楽曲分析をし(計算ミスをしないように気を付けて)弾きこなせるように練習するのと、
絡み合ったメロディーを考えながら演奏するのとは、勝手が違うようで、
すっかり数学の『図形問題』 のようです。これが 3声、4声とスキルアップの予告を聞いて
『・・・・』 と表情が少し固まりながらも不思議な音の世界に興味の芽が出てきています ♪

対位法の美しさ

 ポリフォニー音楽の美しさは、旋律が入り組んでいる分奥が深く、
荘厳的な重厚感ある楽曲になりますね。
フーガの巨匠、ヨハン・セバスチャン・バッハの音楽は、対位法の入口に立つ者にとって、
少し敷居が高いようですが、課題曲をにらめっこするように取り組むのではなく、
先ずは何度も聴く事からスタートしてみると良いですね。
目を閉じて何度も聴く。 そして楽譜を追って何度も聴く。

その良さを感じるのは、年齢に比例するとか。

A ちゃん

 - ピアノレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

おうさま
親がピアノを弾けなくても上手になれる方法 ♪

興味をもって寄り添う  教室では、特にピアノ発表会の持ち曲を選曲した時には、 お …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
コロナ禍のピアノレッスン風景 [ 1 ]

お家での過ごし方 意識の変化    お盆や年末年始の少しまとまった休暇 …

かたつむり
4歳の初めてレッスン < ここまでできる !! >

初めての花まる  💮 「 初めまして 」がマスク姿 (..;)  ちょっとかなし …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
大人の生徒さんの連弾 🎹 <男性同士の 4手連弾 >

  ちょっと珍しい ?! 男性二人の連弾です 🎶    二人 …

父の日
高校生の男の子が ピアノレッスン9ヶ月で出来るようになったこと

指を独立させた速弾きに挑戦 ♬ 「 ピアノが弾けるようになりたい ! 」 高校生 …

本とカップ
調性の不思議 ♪ <その 1 / 哀しく聞こえる長調?>

ピアノ発表会の選曲  発表会で演奏する曲は、ある程度キャリアを積まれた生徒さんに …

雨だれ
雨だれのプレリュード ♪

かたつむり ♪  小さな生徒ちゃんが元気いっぱい『かたつむり』の歌唱レッスン中、 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
高校生の男の子とピアノ発表会 ♪

自分で決めた次回への課題 !! 「 今回のピアノ発表会では何を演奏しようか? 」 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
生徒さんの成長 < 3歳でピアノを始めること >

教室最年少( 3歳 )から中軸へ・・  大型連休があけると教室には 楽しみにお待 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
シンプルにピアノが上手になること

ピアノが上手に弾けてる !!   突然 世界中を大混乱の渦中にしたコロナウイルス …