『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

5歳の男の子がピアノで幼稚園園歌を上手に弾くこと 🎹

      2024/04/17

主体性が強すぎる生徒くん ♪

「 オレ 幼稚園の歌弾きたいねん !! 」と 5歳になったばかりの W くんは
教室にくるなり いきなり園歌を歌いだします (-_-;)
ですが、とってもいい声で音程もバッチリ 👆
もしかして歌向き?( 思わず「 声楽レッスンしない? 」と言いたくなる・・ )

園児は大抵 自分が通う幼稚園( 保育園 )が大好きで園歌も全ての歌詞を暗譜して
フルコーラスで歌えます (^^♪


 
< じっとピアノ椅子に座れない >

「 こんにちは~ 失礼します ❢ ( 5歳になったばかりでこのご挨拶 😲 )」
毎回 大きな声でニコニコ笑顔でのご挨拶は小さな紳士です。

サッカー

「 じゃあ早速始めようか・・」と
一旦はピアノ椅子に座りますが、こちらが誘導する王道のピアノレッスンはできません。

1. 音符を覚えようとしない
( 覚える気が全くない )
2. 教本通りに進まない( というよりカバンから取り出す気はなく教本は完全に無視 👆 )
3. すぐにピアノ椅子からおりてしまう( とにかく自由すぎる )

進めようと提示するカリキュラムは一切受け付けてくれないのです。
個人差は大いにありますが、わんぱく盛りの男の子くんです。
お母さまも「 お家でも いうことを聞かないんです 💦 」など・・
5歳になったばかりでは、ご家庭でごくありがちな光景ですよね。


 

では、言いなり?
いえいえ そこはプロですので そうでもありません (o^―^o)

W くんは、レッスン毎に「 これ弾くねん !! 」というヒント💡 をくれるので
それに基づいたカリキュラムを作るのです。

一週間後、両手でしかも歌付き( 弾き語り !? )でスラスラ弾けるようになっていて
ママも思わず「 キャー (≧∇≦) ちゃんと園歌になってる~ 」と笑っちゃうほど
自信たっぷりで ピアノを弾く W くんは、とてもカッコいいです ☆

まだまだ 5歳。
ピアノレッスン開始から 8ヶ月。

幼稚園に通って 3年目に入るのでキャリアは幼稚園さんの勝ちですね (-_-;)
そのうちピアノ教室に通って 2年目、3年目とキャリアを積み重ねていけば
きっと今より『 ピアノ愛 』に芽生えてくれて
急に目覚めるように伸びる日が必ずやってくると信じています (^^♪
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

声楽併用レッスンでピアノが上達する理由

 - ピアノレッスン風景 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

happy Christmas
自分に合うピアノ進度を考える (-_- ) < 進度に悩んだら ③ >

  自分に合った力の付け方 💪    ピアノを続けていくと …

嬉しい!
ピアノを習ってよかった!< 生徒さんの声 >

ピアノが弾けるという宝物  大学生になった A さんは学生生活を満喫されています …

舞台袖(出番前)
ピアノ 伴奏の経験で力をつける <頑張ったね!>

舞台はやめられへん!!  先日、生徒くんが伴奏者を立候補したという合唱コンクール …

成長の芽
4歳のピアノレッスン < 3名3様のピアノレッスン 🎹 >

3 名の4 歳児が この夏 同時期にピアノレッスンをスタートされました ♪  夏 …

自転車
テンポキープに対する 力のつけ方 [ 2 ] 🎹
大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ導入過程が大事な理由とは

基礎力の大切さについて   ピアノを始めて 1年が経過した Y ちゃん。 既に課 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノを習う前に必要な準備とは?

有意義で充実したピアノライフをおくる為には  ピアノを習う前に『 ピアノ体験レッ …

スウォナーレ ピアノレッスン <シニア>
ピアノが良い理由 ♪ / ピアノはシニア・シルバーにこそお勧めです

手は第二の脳である !? 人の指先には、数百万もの神経細胞があり、大脳と密接な関 …

ティータイム
ピアノレッスンの集中力について ♫

ミスタッチ を繰り返してしまう・・  練習量も少なくはなく、満足がいく演奏でまと …

ベートヴェンソナタ
ピアノ演奏力をアップさせるコツ

自分の演奏を聴いてみましょう ♪  ベートヴェンソナタを練習中の A ちゃんは、 …