『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

ピアノの練習が楽しみになること ♪

      2017/05/15

練習好きになるためには

1. 弾きたい!と思う
2.(だから)練習しよう
3. 弾けた ♡
4. 楽しい(楽しみ)
この流れに上手に乗ることですが、
昔からそんなことは承知の事実で上手くいけば苦労はしませんね。

「 ピアノの練習が何より楽しみで弾きたくてしょうがないんです!」
大東市より通われる K ちゃんのお母さまは レッスン後に最近の彼女の
お家での様子をこう語って下さいました。

そうなると もちろん毎レッスン時の練習課題は ほぼ花まる合格で、
どんどん上達していきます。
上記の 4項目にピタリと当てはまり良い流れになっている結果ですね。
追加項目があるとすれば、妥協がないところです。

1. 『 弾きたい 』には、他にどんなカッコイイ曲があるんだろう? など興味が尽きない
2. 『 練習しよう 』には、まだまだ! もっと上手に表現したいと頑張る
3. 『 弾けた 』と満足しない
4. 『 楽しい 』が更新されていく

 おもちゃで遊びたい時期、お気に入りのアニメを楽しみたい時期
そんな幼児期に「ずっとピアノ動画ばかり じーっと魅入っています!」と
談笑されるお母さまの「 趣味はピアノ動画鑑賞なんです!」は、
まんざらジョークどころではないですね(*^_^*)

ピアノ練習が楽しみになること

どうしたら練習好きになるのか・・

 練習嫌いの悪循環は、上記とは真逆になりますね。
1. 知らない、難しそう
2.(だから)練習したくないな・・
3. 弾けない
4. 楽しくない になってしまいますね。

何でもそうですが、先ずは知ること(聴くこと)から
始めてみるのはいかがですか?
古くはバロックから古典、ロマン派、現代と偉大な作曲家が
残した名曲は山ほどあります。
美しい曲、カッコイイ曲など、知らなかった曲や弾いてみたくなる曲が
山ほどあるということですね。

 一人で全ての大曲を手がけて演奏することは不可能に近いです。
K ちゃんはきっと その山ほどある名曲の存在を感じながら、
少しでも近づきたい(演奏をしてみたい)という想いが尽きないのだと思います。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

ピアノが習い事に一番良いといわれる理由

 - ピアノレッスン風景 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
潜在能力を引き出すピアノレッスン ♪

気合スイッチ! 『 頑張るしかない! 』 そう思う本人の気合スイッチが入ると鬼に …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンで気を付けたいこと < 幼児の場合 >

小さな心と身体のリズム   小さな子どもちゃんは、なかなか自分を上手にコントロー …

エリック・サティ
アーモンド入りチョコレートのワルツ ♪<美味しいピアノ曲>

バレンタインデー   チョコレートに想いを込め、手渡す女の子も受け取る男の子もド …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
『 メヌエット ト長調 』魅力と演奏のコツ ♪

メヌエットを弾きたい ❢   M ちゃんは、今まで自分から弾きたい曲があると言っ …

ピアノ レッスン
おうちで毎日ピアノが弾けること ♪

ピアノが来る! 「もうすぐピアノが来るねん(届けられる)!」 ピアノ レッスンを …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
中学生の男の子とピアノレッスン 🎹

ピアノを通じて成長を感じる S くん (^^♪   寝屋川市から通われる S く …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ個人レッスンについて ♪

個人レッスンとは・・?  個人レッスンとは、文字通り生徒さんを中心に指導者とマン …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
自分にあった練習方法を見つけること ♪

ピアノ練習の習慣化 ♫ < ピアノ練習に関してのよくあるご質問 > ♪ 時 間・ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
天性に勝る音楽センス < ピアノとダンス 🎶 >

『 継続の力 💪 』音感 & リズム感がアップ ❢  生まれ育った環境、 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ上達のポイント 👆 < 素直さについて >

素直であること  ピアノ練習課題に取り組んで「 もう十分、大丈夫 !! 」と そ …