『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

歌を上手く歌うには <ブレス(息つぎ)について / 声楽教室>

      2016/11/09

 音のフレーズ と ブレス ♪゜・*:.

 メロディーを表現する際『 フレーズを意識すること 』が必要です。
そこで キッズボーカルレッスンや初心の生徒さんはブレスの使い方に戸惑われます。
『 息が続かなくなったらブレス 』ではなく、決められた箇所でブレスをするからですね。
そして生徒さんは『 フレーズ 』について考えます。
知っている歌(聴いたことがある曲)なら多少 小節数が長くても
フレーズ感を感じやすいですが、初めて歌う曲(初めて聴く曲、知らない曲)では、
感じにくくなります。

 ヴォーカルレッスンでフレージングをレッスンする時、生徒さんのベストなキーに調節し、
3音のみで → 5音のみで → 1 オクターブ内でと音程を広げながら
(小節数も同様に少しづつ増やして)練習していきます。
小節数を広げると当然ブレスをとらないといけない為
『 曲のフレーズ感 』を身につけることでブレスを守って歌っていきます。
この 知っている歌ではない曲でも(私が毎回即興で作るので その日によって違います)
表現できることが大切で、徐々にフレーズ感が身につけられます。

息をコントロールすること ♫

 さらにフレージングを美しく表現するには、息のコントロールが必要になってきます。
「息がたりなくなった・・」と自由にブレスしてしまう要因の一つに、呼吸が続かず
腹筋力が弱いことがあげられます。

 息を吐く呼吸の練習は お家でも簡単にできますね。
短く(しっかり)お腹に溜めるように息を吸って、それをゆっくりと長く吐く。
これを たった 20~30秒 毎日の練習として継続するだけでも腹筋力がついていきます。
腹筋力がついてくると、縁の下の力持ちさんのように支えができますので、
息がコントロールできるようになってきます ♪

IMG_0708
 

 - スウォナーレ 声楽教室 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

桜 <満開>
季節の歌を歌うこと <さくら さくら ♪>

お花見   ここ数日間で気温がグングン上がり、桜が一気に開花しましたね。 スウォ …

星乃珈琲
門真市の美味しいカフェ ❢

星乃珈琲 ☕  教室から R 163 を西に向かって車で 5分程のところにリゾー …

green-train
遠方から通われる生徒さんが長く続けられる理由 ♪

遠方から通われる生徒さん ♪  教室までのアクセスの感じ方は通われる方の感じ方で …

サウンド・オブ・ミュージック『ドレミの歌』
ド レミの歌を歌う ♪

 ドレミの歌  西洋音楽の全音階(ドレミファソラシド)をモチーフにした明るく親し …

歌で表現すること
歌の表現力を向上させる方法

自分を知る  知っているようで、わりと知らない事が多い自分の姿。 よく、自分の姿 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
体験レッスン続々と受講中です ♪

体験レッスンについて (^^♪  3月に入ってピアノ教室 & 声楽教室の …

大阪府四條畷市のスウォナーレキッズボーカル教室
習い事で成長すること <僕には歌がある!>

生徒さんとの出会いとレッスン ♫  ご家庭の教育方針や価値観はそれぞれ。色々な想 …

ミュージカル「サウンドオブミュージック」
自分の声質、声域を知ること ♪ <歌のレッスン / ヴォイトレ>

声 質 を知る ♪ 「 声楽を習いたいんですけど・・」 「 ヴォイストレーニング …

独唱すること
独唱すること ♪ <声楽レッスン>

やっぱり歌いたい!・・  門真市より通われる F さんは、東北 岩手県のご出身で …

ピアノコンサート 1
あがり症の改善法

『 あがる 』 とは?  緊張や不安を感じた時、血液中の神経物質ノルアドレナリン …