『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

歌を上手く歌うには <ブレス(息つぎ)について / 声楽教室>

      2016/11/09

 音のフレーズ と ブレス ♪゜・*:.

 メロディーを表現する際『 フレーズを意識すること 』が必要です。
そこで キッズボーカルレッスンや初心の生徒さんはブレスの使い方に戸惑われます。
『 息が続かなくなったらブレス 』ではなく、決められた箇所でブレスをするからですね。
そして生徒さんは『 フレーズ 』について考えます。
知っている歌(聴いたことがある曲)なら多少 小節数が長くても
フレーズ感を感じやすいですが、初めて歌う曲(初めて聴く曲、知らない曲)では、
感じにくくなります。

 ヴォーカルレッスンでフレージングをレッスンする時、生徒さんのベストなキーに調節し、
3音のみで → 5音のみで → 1 オクターブ内でと音程を広げながら
(小節数も同様に少しづつ増やして)練習していきます。
小節数を広げると当然ブレスをとらないといけない為
『 曲のフレーズ感 』を身につけることでブレスを守って歌っていきます。
この 知っている歌ではない曲でも(私が毎回即興で作るので その日によって違います)
表現できることが大切で、徐々にフレーズ感が身につけられます。

息をコントロールすること ♫

 さらにフレージングを美しく表現するには、息のコントロールが必要になってきます。
「息がたりなくなった・・」と自由にブレスしてしまう要因の一つに、呼吸が続かず
腹筋力が弱いことがあげられます。

 息を吐く呼吸の練習は お家でも簡単にできますね。
短く(しっかり)お腹に溜めるように息を吸って、それをゆっくりと長く吐く。
これを たった 20~30秒 毎日の練習として継続するだけでも腹筋力がついていきます。
腹筋力がついてくると、縁の下の力持ちさんのように支えができますので、
息がコントロールできるようになってきます ♪

IMG_0708
 

 - スウォナーレ 声楽教室 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

花の街
シニア ヴォーカル・声楽教室 ♫ < 歌 の 力 >

心を捉える曲  シニア(シルバー)世代の方の最大の魅力は、人生経験が豊かなこと。 …

green-train
遠方から通われる生徒さんが長く続けられる理由 ♪

遠方から通われる生徒さん ♪  教室までのアクセスの感じ方は通われる方の感じ方で …

アカペラを歌う
アカペラを上手く歌うには ♪

ア・カペラとは ?  独唱、合唱問わず無伴奏で歌唱すること。 イタリア語の a …

独唱すること
独唱すること ♪ <声楽レッスン>

やっぱり歌いたい!・・  門真市より通われる F さんは、東北 岩手県のご出身で …

蓮華の花
レッスンで習った歌を歌ったよ ♪

習った歌のお話し (^^♪  4 月も半ばを過ぎると 1年生も給食が始まり そろ …

ミュージカル「サウンドオブミュージック」
自分の声質、声域を知ること ♪ <歌のレッスン / ヴォイトレ>

声 質 を知る ♪ 「 声楽を習いたいんですけど・・」 「 ヴォイストレーニング …

ホール内ツリー
クリスマス オラトリオ

もうすぐ クリスマス   街のあちこちで 華やぐクリスマス ソング♪ に きらび …

大阪府四條畷市のスウォナーレキッズボーカル教室
習い事で成長すること <僕には歌がある!>

生徒さんとの出会いとレッスン ♫  ご家庭の教育方針や価値観はそれぞれ。色々な想 …

歌うこと
ヴォイストレーニング / 声楽の効能 < 歌うこと ♪ >

歌ってスポーツ!  学校のクラブ活動を大きく二分して 野球、サッカー、バレーボー …

Lascia ch'io pianga (アリア / 泣かせてください)
Lascia ch’io pianga <アリア 『私を泣かせてください』>

[ 歌 ] 自慢できるもの  生駒市から通われる O さんは 『何か一つ自慢でき …