『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

ピアノ上手になりたい!<初心を想い出してみよう>

      2016/04/12

 毎日のピアノの練習

 『 上手 』を極めていくためには、日々の練習に答えがありますね。
『 好きこそものの上手なれ 』という言葉があるように本人の『 好き 』の想いが
練習に駆り立てる一番だと思います。
他にも 自分に負けたくない、ライバルさんに差をつけられるのが嫌だ、
弾いてみたい憧れの曲がある、憧れている人(奏者)がいる など
一途に好きとは少しニュアンスが異なる場合もあります。
保育士さんになりたいから・・など将来の夢に向かって必要だからという方もいます。
大切なのは『 なぜ習っているのか 』『 誰のために習っているのか 』の自覚と覚悟ですね。

小さい頃の気持ち(初心を想い出してみる)

 小さい生徒ちゃん、又は初心者の生徒さんは何もかもが新鮮で
目指すもの(大曲が流暢に弾ける、深く理解する)もまだまだ遠くにありすぎて
とにかく目の前の課題に一生懸命です。
「上手に弾けるようになりたい!」と意識が真っ直ぐ前を向いていて
レッスン中でも目がキラキラと輝き、ワクワクしている様子が伝わってきます。
そして びっくりするくらいどんどん上達していきます。

 なぜ上達するかは、弾けた♪ 楽しい❣ この次はどんな曲? と実感や興味が膨らみ続け
自然と毎日ピアノに向かうリズムが流れる為ですね。
習い始めて年数が経ったとしても、初心を重ねていけるとよいですが、
難しさ、それを克服するしんどさを経験すると中々そうはいきません。
そんな時は、少し立ち止まって一息つくのもいいですね。
また初心を想い出す事や新しく気づけるものがあるかと思います。

 頑張り続けるばかりがよいわけでもありません。
『 今週はどうも(気持ちが)ノラなかったんだ・・ 』そんな週もあります。
ピアノ道の長旅に後から続く後輩たちが道に迷った時、
「 僕もそんな事あったよ! 」「 こう考えたらいいよ 」「 こんな風に克服したよ 」
そんなアドバイスができる先輩に成長してほしいですね。

ピアノ教室 『 仲良し 』

 - ピアノレッスン風景 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスン 親のサポートはどこまで必要なの? [ 1 ]

サポートは子どもちゃんの個性に( 年齢にも )よる 『 ピアノの練習で親のサポー …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
同音連打の練習にお勧めのピアノ曲 ♬

『 ラッパ手のセレナーデ ♪ 』  パカパンパンパン・・とトランペットが鳴り響く …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
上手く弾けない悩みについて

 練習の成果 ♫  ソナチネ & ソナタ以上のレベルに成長されると練習 …

何度も弾きたくなるピアノ曲 🎹

気に入った曲と出会うこと (^^♪  「 この曲気に入った !! 」と思える曲は …

アーティキュレーション
ピアノが下手だと感じる理由 < 3 > アーティキュレーション

何かが違う・・  音もリズムもテンポも楽譜通りに演奏ができるようになった。 だけ …

アコースティックピアノ
失敗しないピアノの選び方 < ③ 後悔しないために >

アコースティックピアノ と 電子ピアノの違いを知る [ アコースティックピアノ …

忍耐力とピアノ
ピアノレッスンと忍耐力 <心の栄養 >

忍耐力を養う  新しい事をスタートする時、誰でも大きな興味を抱いていますね。 ピ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ導入過程が大事な理由とは

基礎力の大切さ   ピアノを始めて 1年が経過した Y ちゃん。 既に課題の拍子 …

交響曲 第九番
『第九』  交響曲 第九番 ♪

歓喜の歌   ドイツの大作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~ …

バイエル教則本
『 バイエル教則本 』について < ピアノ基礎力をつける !! >

『 バイエル教則本 』後半はなかなか良い 👆   一時期、『 今どき? バイエル …