『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

効率が上がるピアノ練習量について 🎹

   


練習量の秘訣は取り組む内容に比例したものがよい !?

 
< よくある ご質問より >

『 ピアノのお家練習の量は どのくらいがよいのでしょうか? 』
『 1 ~ 2回弾いたら「 出来た \(^o^)/ 」 って すぐ練習を終わらせてしまいます (^_^; 』
『 「 〇〇時に始めたから 〇〇時まで! 」と時計ばかり気にしながら弾くんです !! 』
『 練習時間をきっちり決めてしまう方がよいのでしょうか? 』

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆

 習い始めは数小節、音やリズムも簡素で一曲弾くにも 秒で弾けちゃいますね (#^.^#)
それを数曲 課題として持っていても 数回繰り返して練習したところで 5分 ~ 10分あれば練習を終えられますよね。
ところが その『 5分練習 』『 10分練習 』が深く脳裏に刻まれる人がいます。
( いつまでたっても そこから抜け出せない、それ以上の時間は取り組めない・・ 😢 )

Ravel 亡き女王のパヴァーヌ

というのも 4小節だった課題が 8小節になった !! ⇒ 単純計算で 2倍です。
それが、16小節、32小節・・と どんどん楽曲が大きくにつれて 1曲弾くだけで 5分、10分と必要な曲もありますね。
5分だった練習時間で 5分かかる練習曲なら確かに 1回弾いたら終わります (^_^;


 
< 練習時間は徐々に大きくしていけるとよいですね 🎵 >
 
 習い始めの頃から『 お家練習の時間 』を時間で切ってしまわず内容重視で考えていけるとよいですね。
[ 例 として ]
1. 今日はこの曲を中心に練習しましょう。
2. 今日はこの箇所を完成できるように頑張ってみましょう。
3. 今日は曲全体の通し練習をしましょう。

などとすれば、5分練習で終わる日があるかもしれませんが、翌日は 10分に伸びるかもしれません。 また それ以上の時間が必要になる日があるかもしれませんね。

 習い始めの頃から そんな練習を繰り返していると 曲が大きくなっても練習時間を気にする事もなく、自然と練習課題に合った練習量になると思います。

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆

 ポイントは 練習時間がいきなり 2倍必要になった 😲 と劇的に変化させないようにすることで、ごくごく緩やかな変動でいて( 中級レベル課題ぐらいなら )気がつけば あっという間に 2h 経っていた!と内容に没頭できるように成長できると理想的ですね (^^)v
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪
     

 

男の子とピアノ < 急に上達しだした男の子たち 🎹 >

 - ピアノレッスン風景, 大人の ピアノ教室 <シニア・シルバー対応> , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
年少の男の子のピアノレッスン < レッスン開始 5ヶ月目 >

ピアノレッスン開始 5ヶ月目に入りました (^^)v    年少さんの …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
4年生のピアノレッスン 🎹

ピアノレッスン スタートからちょうど 1年が経ちました (^^)v   3年生か …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが継続できる生徒さんの特長 ♪

ピアノが継続できるのか ? という不安が継続できない現実になる < お問い合わせ …

HAPPY Halloween!
音楽とビジュアル

ピアノ模様 ♫  スウォナーレの女の子ちゃんは、みんな女子力がとっても高くオシャ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
4歳のピアノレッスン < 集中力について >

  『 ゆびくぐり👆 』はカッコイイ !!    4歳の M …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
コンプレックスを活かせるピアノレッスン [ 1 ]

手が大きい女の子の悩み 😢  なりたい自分の姿とはいえない体型は なかなか『 個 …

門松
5歳のピアノ体験レッスン ♪

次のピアノレッスンが楽しみ  🎶  初めての場所で 初めましての先生に出会って、 …

ショパン As-dur
ピアノ練習曲 ♪<調号の先入観>

調号の多い曲  シャープ ♯ や フラット ♭ がたくさんつくほど、楽譜を見ただ …

ピアノが上手になる為に大切な 3つのこと

1. 『 習う 』姿勢  生徒さんが快適なレッスンを受講できるために大事なことは …

なだめる
泣きながらピアノ練習は大丈夫なのか? 😢

  『 なぜ泣いてしまうのか? 』 にもよります    レッ …