『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

ピアノが弾けて良かった!と思うこと

   

ピアノが弾けて嬉しかったこと

 子どもちゃんの場合、ピアノが弾けてよかった! と思える機会が結構あります。
習い始める時期が幼いほど それがより習慣となりますので特別な意識はなくなりますが、
小学生以上からスタートされた場合など 音符が読めること、演奏できることが活かされる瞬間を意識します。

< 生徒ちゃんからよく聞く ピアノが弾けて嬉しかったご報告 (o^―^o) >

♪ 音楽のテストで満点をとったよ( 通知表で『 優 』だったよ など )
♪ 歌のテストが( リコーダーのテストが )クラスで一番だったよ
♪ 合唱コンクール、卒業式などの式典でピアノ伴奏者に選ばれたよ など

なぜ難なく音符が読めて演奏できるのか?
なぜ音を外さないで上手く歌えるのか?
なぜ瞬時にリズムに反応できるのか?

クラスメートから ちょっと羨望の眼差しを受けながら
上手く歌えない、また 上手く演奏できないと悩むお友だちの姿や音楽を苦手とする同級生の苦労を知って 自分の演奏力や積み上げた知識の必然性を実感するようです。


 

 大人の生徒さんの場合 保育士さんなどお仕事柄ピアノを弾くことがなければ
子どもちゃんと違って集わない限り ご自分の演奏力や知識を誇示する機会があまりありません。

それでも 忘年会や新年会など年に数回ほどお付き合いで歌う機会もあるご様子。
意外にも「 歌は大好きなんですが、自信をもって得意です! とは言えない・・」
という声を聞きます。
「 楽器演奏はよいけど歌はちょっと恥ずかしい 」という声もちらほら。

ピアノが弾けると音程が取れるようになりますので、

♪ 音を外さないで歌える!
♪ リズムに乗れる ♪
♪ 拍子がずれない 👆

 ある程度ピアノレッスンキャリアを積まれた生徒さんなら
一般に音痴だと言われる要素は出ないと思います。
普段のテリトリーから少し冒険かもですが、演奏力と同じく聴力も鍛えられていますので、
自信をもって歌も楽しんで下さいね (^^♪

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 < 楽しいトーク会 大人の部 ♪ >

。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

ピアノ個人レッスンについて ♪

 - ピアノレッスン風景, 大人の ピアノ教室 <シニア・シルバー対応> , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンで気を付けたいこと < 幼児の場合 >

小さな心と身体のリズム   小さな子どもちゃんは、なかなか自分を上手にコントロー …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンにお祖母ちゃんが付き添うこと

孫と祖母の良い関係 (^^♪  お仕事など お忙しいご両親に代わって ピアノレッ …

考える
ピアノが上達できない悩みについて

なかなか上達できない理由 ・・ 「 ピアノの練習をしているのに なかなか上達しな …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
生徒さんからの嬉しいお便り (^^♪

教室コンサートを終えて 「 感動して思わず書いちゃいました! 」と生徒ちゃんのお …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノと学力の関係 < ピアノが弾けると頭が良くなる仕組み >

脳の情報処理能力の向上!   ピアノの上達は練習することにつきます。 練習なくし …

アコースティックピアノ
失敗しないピアノの選び方 < ③ 後悔しないために >

アコースティックピアノ と 電子ピアノの違いを知る [ アコースティックピアノ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ向きの手について < 4歳の手 >

4歳、 N ちゃんの才能 !!  背が高い人、ふくよかな人、靴のサイズが大きい人 …

お人形の夢と目覚め
『 お人形の夢と目覚め 』 魅力と演奏のコツ

思考が刺激される曲 (^^♪  曲には色々なパターンがありますが、小さな生徒ちゃ …

スウォナーレ 大人の為のピアノ教室
大人の為の ピアノ教室 ♪

お仕事帰りのピアノレッスン  枚方市から通われる ピアノレッスンキャリア 5年目 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ上達のポイント 👆 < 素直さについて >

素直であること  ピアノ練習課題に取り組んで「 もう十分、大丈夫 !! 」と そ …