『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

お子さんの成長で一人悩んでおられたお母さま

      2019/03/16

 『 言葉が遅い 』というママの悩み

 「 もうすぐ 4才になる息子がいます。言葉が遅く悩んでいます。
ピアノを習って表現力を身に着けられたらと思います。」とお問い合わせを戴きました。

同じ年頃でも 女の子ちゃんは 元々コミュニケーション力に長けている為、
2歳ともなるとおしゃべり上手。
ですので特に女の子ちゃんと比べられると男の子の方が少し遅いと
目立って感じてしまうのかもしれませんね。


 
入室後、ピアノレッスンを開始して。

< 得意なこと & 上手にできること ❢ >

♪ 話しかけると ちゃんと言葉を理解できる
この椅子に座ってくれる?→ お行儀よく座れる( 笑顔が素敵なんです (o^―^o))

♪ 絵本に載っているものを指さして答えられる
猫、犬、車、花、コップ、靴など

♪ 色分け、形分けなどもできる
赤い枠に赤い色、〇形に丸い形を合わせることなどが上手にできる

< 少しだけ苦手なこと >

♪ 文章としてのお話が苦手
「 お母さんと一緒に このおもちゃで遊びたい 」など

♪ お母さんの姿が見えないと心細くなって泣いてしまう

♪ 子どもに警戒心をもってしまう( 特に同じ年頃の ) こと など。

 他の方と比べてしまうと、マスターできることに対して少しでも違いを感じると
焦りが生じて不安になってしまいますね。
言葉少なでも、話しかけに応えることができますので焦らずとも大丈夫だと思います。

ピアノレッスンを開始して嬉しかったこと ♪

 上手に言葉が話せなくても『 語りかけ 』『 意思疎通 』は大切だと考えます。
どんどん語りかけてあげることで聞く姿勢ができます。

 ピアノレッスンを開始して、一つづつ音符を覚えてリズム反応もできるようになりました。できることが増えることで世界がどんどん広がりますね。
お家でもレッスンバッグを指さし『 ぴあの( 教室に行こう・・) 』って言うんです。
嬉しそうに話されるお母さまのご報告から
楽しい!の想いを『 ぴあの 』という言葉で表現してくれたことが とても嬉しいです。男の子とピアノ

 一番大切なことは、嬉しそうなお母さまの笑顔、
ゆったりとしたお母さまの心の余裕とお子さんを包み込む
愛情ですね (^^♪
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

ピアノ教室へ ご両親の想い

 - ピアノレッスン風景 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

十六分音符を弾くこと ♬

16分音符とは? ♬  四分音符 [ ♩ ] を一拍の長さにした場合、16分音符 …

大阪府 四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンでルールとマナーを学べること ♪

ごあいさつができること  『 躾 しつけ 』を漢字で書くと身を美しくと書きますね …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
自信をもってピアノ演奏ができる理由

曲と向かい合う気持ち  教室コンサートが無事終了しました (^^♪ 講評としては …

人見知りでも大丈夫!
5歳、初めてのピアノレッスン < ここまで弾ける !! >

わずか 5回目のレッスンでここまでできる!  ちょうど 1ヶ月前からピアノレッス …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ導入過程が大事な理由とは

基礎力の大切さ   ピアノを始めて 1年が経過した Y ちゃん。 既に課題の拍子 …

積み重ね、努力
ピアノで自制力を鍛える [ 2 ] 💪

  物事の継続が苦手なタイプ 😔    すぐに飽きてしまう・ …

クリスマスプレゼント
想像力を働かせるピアノレッスン ② < メンタル >

自分を信じる力 💪   ひとたび『 エアーギター 』が脚光を浴びた時期がありまし …

4歳 ト音記号
ト音記号に興味を持つ 4歳の女の子 (#^.^#)

ト音記号にハマる ?!  『 ト音記号 🎼 』って可愛い形だと思いませんか? 実 …

ピアノ演奏のプレゼント
ピアノを習って 3カ月でも上手に弾ける曲 (^^♪

ピアノ演奏をプレゼントしたい !! 🎁  ピアノ教室に通い始めて 3ケ月。 5歳 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが好きな生徒ちゃん ♡

じわりじわりと確実にピアノの力をつける H ちゃん !! 「 この娘は、あまり …