『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

男の子がピアノを習うこと ♪

      2017/04/17

男の子とピアノ

 「 男の子なんですが、ピアノを習わせてもらえますか? 」心配そうな声で
男の子のピアノレッスンをご希望のお母さまより お問い合わせを戴きました。

 今から 30 年くらい前、確かに ピアノ=女の子というイメージの時代もありました。
理由としては、日本では『 ピアノレッスン 』という習い事としての歴史が浅いことや
音楽への理解・関心が現在ほど高くなかった時代だと思います。

男の子がピアノを習うこと

若いパパとママのピアノへの関心 (*^_^*)

 その昔、ピアノは室内でマンツーマンでのレッスンの為、野外スポーツのような広いイメージと異なり、
身体を作る、仲間を作る、日曜日には試合があるなど
躍動的で華々しい感じがしなかったと感じます。

 現在では、男の子のピアノレッスン受講者が
(ピアノのみならず、ヴォーカル、ヴァイオリン受講者なども)女の子と変わらないほど とても増えました。
本人自ら「 ピアノを習いたい!」と
希望されることもありますが、
小さな幼児くんが習うきっかけとして ご父兄方の関心度、
理解度が深まった影響だと思います。

男の子がピアノを習うこと

ピアノはスポーツ!

 かつてフィギュアスケート界でも男性選手のインタビューで『 男の子がフィギュアスケートを習う 』という
世間のイメージや目線などが
女性に向けられる眼差しとは違っていた・・という
話を聞いたことがあります。

やはり どちらかと言えば女性のイメージが濃かった時代を経て現代のカッコイイ羽生 結弦 選手につながるのではと思います。

ピアノも両手、両足を使って、身体全体で音を奏でるスポーツです。
男の子がフィギュアスケート?、男の子がピアノ?など古い固定観念が
ほぼなくなってきました。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪  ♪゜・*:.。. .。.:*・♪  ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

男の子とピアノ、女の子とピアノ ♪

 - ピアノレッスン風景 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

楽譜の選び方
ピアノ教本の選び方と使い方 ♪

バイエルは もう古いのか ❔  ピアノの教材は数十年間の中で数多く生まれています …

ショパン As-dur
ピアノ練習曲 ♪<調号の先入観>

調号の多い曲  シャープ ♯ や フラット ♭ がたくさんつくほど、楽譜を見ただ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンで気を付けたいこと < 幼児の場合 >

小さな心と身体のリズム   小さな子どもちゃんは、なかなか自分を上手にコントロー …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
自分にあった練習方法を見つけること ♪

ピアノ練習の習慣化 ♫ < ピアノ練習に関してのよくあるご質問 > ♪ 時 間・ …

歌劇 『カルメン』
♪ハバネラのリズム <オペラ『 カルメン Carmen 』>

オペラ『 カルメン 』  情熱的な野生美で魅了するジプシーの女性。 闘牛・フラメ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが弾けて良かった!と思うこと

ピアノが弾けて嬉しかったこと  子どもちゃんの場合、ピアノが弾けてよかった! と …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
毎日ピアノ練習させる方法 (^^♪

ピアノ練習のルールを決める 🎹  ピアノが大好きで、合間をみつけては一日に何度も …

ピアノが上手になるには
ピアノが上手になる方法 ♫ <はじめの一歩>

ピアノ・レッスンのアドバイス  ピアノ・レッスン導入が終了する頃、少しづつ個人の …

ピアノが習い事に良い理由
ピアノが習い事に一番良いといわれる理由

自頭を鍛える  今 ビジネス界でも注目される 『 自頭 じあたま 』とは 論理的 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
春から始めるピアノレッスン 🌸

春はスタートの時期 ♫  日本の春は入学(入園)、新学年とスタートの季節ですね。 …