『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

暗譜すること ♫

   

冬のピアノレッスン♪゜・*:.。. .。.:*・

 東日本では、雪が降り 大阪でもグーンと気温が低くなっています。
今季は暖冬かな? と感じていましたが、本来の真冬到来に生徒さん方は「 寒かった~!! 」と
レッスンルームに飛び込むように来られます。
寒さに強い私も いつもより厚着で出迎え、付き添いのお母さまから
「 先生(の服)も今日ばかりは暖かそう・・(笑)」 とレッスン前の談笑です(-_-;)

 特に気温が低い日は、手がかじかんでいて しばらく暖まって頂きますが、
小さい生徒ちゃんは「手が冷たいとピアノが弾けない ❢(指が動きにくい)」
という思わぬ発見をします。
年齢の大きい生徒ちゃんは何度目かの冬のレッスンを経験していて、
厚手の手袋にカイロ、防寒対策もバッチリです。
ピアノを弾く上で『 指をいたわること 』も大切なことですね。

暗譜すること ♫

 ピアノ導入課程の練習課題は、小節数も少ないので お家での練習回数を重ねると
自然に暗譜できていきます。
『 暗譜しなければいけない 』と課せられると しんどいな・・と思いがちですが、
暗譜 = 練習量 ということを理解すれば難なく取り組めます。
暗譜するということは、音、リズム、運指を記憶していきますので
それを演奏する時、鍵盤に集中して自信を持った音色になります。
楽譜を見ながらでは、目線も楽譜と鍵盤の往復で
どうしてもミスタッチのリスクが高くなりますね。
コンサート、コンクールなど、暗譜演奏が必要条件になる場が多々あります。
普段からの豊富な練習量と自然な形で暗譜できていく感覚を身に付けておくと
暗譜することに苦手意識がなくなりますね。

「 楽譜見なくても上手に弾けるねん❣ 」小さい生徒ちゃんは そう言いながら
 しょっちゅう自慢気にカッコよく暗譜演奏しています(*^_^*)

ピアノ教室

 - ピアノレッスン風景 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

大人のピアノ レッスン
楷書で弾きましょう ♪<ピアノ レッスン>

うすい音(芯がない音)  ピアノレッスンを始めたばかり、導入の生徒さんに関わらず …

お気に入りのコート
三拍子を弾くこと ♪

  割り切れないリズム ♪  小さな生徒ちゃんや初心者の生徒さんは 3 …

スタッカートを上手く弾くコツ ♪

スタッカート Staccato とは?  音楽用語で『 その音を短く切って( 演 …

ピアノ・コンサート
ピアノ 金メダル演奏 ♫

  金 メダル 演奏 ♪ < ピアノ演奏 >  S くんは、寝屋川市より通われる …

大人のピアノ
ピアノの練習をしない子 <悩む パパとママへ>

父の背中  寝屋川市より お車で通われる S くんは、5歳になったばかりです。 …

舞台袖(出番前)
ピアノ 伴奏の経験で力をつける <頑張ったね!>

舞台はやめられへん!!  先日、生徒くんが伴奏者を立候補したという合唱コンクール …

スウォナーレ ピアノ教室
音楽 と 数学

インベンション  高校生の A さんは、3声シンフォニーに備えて、 2声インベン …

スウォナーレピアノ教室
ピアノのコンサート と 成長

昨年度の教室コンサートでの出来事  S ちゃんは、同学年(小 3 )同士でデュエ …

虹
音色について ♪

音色  おんしょく を考える 5歳児 (゜-゜)  スウォナーレピアノ教室の K …

サンタクロース
シューマン 『 ユーゲントアルバム 』

サンタクロースのおじいさん Knecht Ruprecht ♫  ロベルト・シュ …