『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

ピアノが下手だと感じる理由 < 3 > アーティキュレーション

   

何かが違う・・

 音もリズムもテンポも楽譜通りに演奏ができるようになった。
だけど何かが違う?
自分が弾くピアノ演奏と他人が弾くピアノ演奏を比べて
( 同じ曲をピアノで弾きながら全く違う曲のように聴こえるなど )何か感じるものがあれば 下手だと感じる以上に『 上手に近づいている 』証拠です。

 アーティキュレーションによって音楽は整えられますが、
それでも上手だと思う演奏とは歴然の違いがあって
アーティキュレーションの( あえていうなら本人研究の )さじ加減ともいうべきもので、

< 例えば強弱についての課題 >

f( フォルテ・・・その音を強く弾く )では 力任せに弾いてしまい
p( ピアノ・・・・その音を弱く弾く )では 音がかすれるように消えてしまい
音が ほぼ ボリューム 0 になる など極端すぎたり その加減が課題になります。


 
アーティキュレーション

< 根気よく特化した練習が必要 👆 >

 アーティキュレーション力を身に着けるには
自分で課題を決めて特化した練習で
地道に力をつけるとよいですね。

f( フォルテ )にも P( ピアノ )にも
その間にいくつかの段階があって、

mf ( メゾフォルテ・・・・やや強く )
ff( フォルテッシモ・・・・ごく強く )
sf( スフォルツァンド・・・・特に強く )など 強弱にも段階がありますね。

先ずは強さを強い順から 6 ~ 8 段階くらいに並べて同じ音列で弾いてみましょう。

< 強さ 6 段階 >
1. ごく強い 2. 強い 3. やや強い 4. やや弱い 5. 弱い 6. ごく弱い
< 音列 : 単調なものから、または練習したいフレーズ >
例: ド レ ミ ファ ソ ファ ミ レ ド

 練習しているうちに大きくですが、段々とさじ加減が見えてくると思います。
そのうち、そこから細かいさじ加減を自分で研究するように成長していきます。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

歌のレッスンはピアノを上達させる ♫

 - ピアノレッスン風景, 大人の ピアノ教室 <シニア・シルバー対応> , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

美容と健康に音楽
60代からピアノを始める 3つのメリット ♪

チャレンジャーである為に 👆  歳を重ねるほど『 物事に向かうこと 』 が億劫に …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
シンプルにピアノが上手になること

ピアノが上手に弾けてる !!   突然 世界中を大混乱の渦中にしたコロナウイルス …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスン 親のサポートはどこまで必要なの? [ 2 ]

リビングピアノ練習法 🎶 < 一人で練習できないタイプ >   幼くても自分の部 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが継続できる生徒さんの特長 ♪

ピアノが継続できるのか ? という不安が継続できない現実になる < お問い合わせ …

大人のピアノ レッスン
楷書で弾きましょう ♪<ピアノ レッスン>

うすい音(芯がない音)  ピアノレッスンを始めたばかり、導入の生徒さんに関わらず …

芋のつる
50代でピアノを習うこと ♪

50 歳からの楽しむピアノ (^^♪ ♪ 50 歳を機に人生を考える、 ♪ 子ど …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
歌のレッスンはピアノを上達させる ♫

スウォナーレ声楽教室  スウォナーレでは、ベルカント唱法による本格 声楽レッスン …

スタッカートを上手く弾くコツ ♪

スタッカート Staccato とは?  音楽用語で『 その音を短く切って( 演 …

初舞台 <ピアノ発表会>
ピアノを習うメリット <リズムについて>

あらゆるリズム ♫  『 リズム 』 という言葉から真っ先に連想されるものといえ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスン開始から 3年目 『 音へのこだわり 』

曲の完成度にこだわること ♪ 「 こんな演奏(音)じゃ まだまだ人前では聴かせら …