『音楽』を通じ、心を大切に育みます。四條畷市・大東市・寝屋川市・門真市から多くの方が通われています。

四條畷市のピアノ教室ならスウォナーレピアノ教室

ピアノレッスン <予想しないアクシデント(1)>

      2015/07/22

手の骨折

 生徒ちゃんで 当時、小学校低学年だった Sちゃん。
学校の遊具(大好きなブランコ)でこけてしまい、右手を骨折してしまいました。
尻もちをつくと同時にとっさに手でバランスをとろうとし、
小さな手で身体を支えきれずのようでした。

そして、今から 10年程前になりますが、
その頃大流行りしていた『ローラーシューズ』(なつかしい・・・)
お母さんにおねだりの末、お誕生日に念願のシューズをプレゼントされ、
嬉しそうに履いてこられ見せて頂きました。
数日後、平面を歩くには、刺激が少なすぎたのか、
ついつい急降下の坂道を走りたくなったのでしょう。
バランスを崩して、やはり支えようとした右手を骨折してしまった 当時、低学年の Aちゃん。

お二人に共通するのが、『右手骨折、全治 1ヶ月の診断』と『低学年』。

 

アクシデントとピアノ(そして成長)

 大変な時、大怪我の経緯をご連絡下さった お母さまより、
先の方は、「回復まで、ピアノは全休した方がいいでしょうか?」
後の方は、「どうしたらいいでしょうか?」とご相談を受けました。
私の返答は、『左手は元気ですよね?』というご提案です。
そして、お二人方とも完治するまでのしばらくの間、
左手のみのピアノレッスン がスタートしました。

 母として、ご自分の事以上にとても心配されるお母さま。
反して、ご本人の『片手でどんなレッスンをするんだろう・・?』
その親子の心のアンバランスが良かったのか、
怪我をされた生徒ちゃんの『どんなピアノレッスン?』という強い興味が良かったのか、
この期間限定ピアノレッスンの集中力、

 結果として、お二人とも指導する私の意図以上に
ご本人の発見・成長に目を見張るものがありました♪

ピアノ
 

 - ピアノレッスン風景 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

楽譜は大切にしましよう ♪

ピアノ ピース Piano Piece  楽譜も日々進化して、カラフルなものから …

考えること
ミスタッチから学ぶこと ♪

ミスタッチを恐れる  舞台上の演奏だけではなく、普段のレッスンでも手汗をにぎり緊 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
調性の不思議 ♪ <その 2 / 明るく聞こえる短調?>

長調と短調を聴き比べて ♫  初めて短調の曲を練習する時に、長調と短調の違いを実 …

好きなピアノ曲 と 知っているピアノ曲 ♫

自分が好きなピアノ曲  年齢が小さい生徒ちゃんは、知っているピアノ曲、好きなピア …

立春 <梅林>
我が子の習い事

 ピアノ講師の娘さん ♪  『お母さまはピアノの先生』 という生徒ちゃんがおられ …

ピアノのライバル
ピアノの練習(指のたいそう)

ピアノの準備運動 ♪  プール開きが始まり、少し湿った髪で来られる生徒ちゃんもい …

ピアノコンサート 3歳
親の愛情 と ピアノレッスン

教室コンサート ♪  出演者・ゲスト・スタッフが三位一体となって作り上げる教室コ …

ピアノ練習課題
ピアノ大好き ❣

 スーパームーン   10月に入り、今年 後半のスタートですね。 子どもたちは運 …

糸車
スタッカートの練習にお勧めのピアノ曲 ♪

紡ぎ歌 / Op.14 No4 へ長調  エルメンライヒの『 紡ぎ歌 』は、かつ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
自信をもってピアノ演奏ができる理由

曲と向かい合う気持ち  教室コンサートが無事終了しました (^^♪ 講評としては …